もののしくみ研究室ロボット教室を解説!体験談や月謝、評判など全て調査!

もののしくみ研究室ロボット教室を解説!体験談や月謝、評判など全て調査!

もののしくみ研究室ロボット教室を解説!体験談や月謝、評判など全て調査!

 

もののしくみ研究室は、教育玩具メーカー「アーテック」のロボット学習ノウハウを使って、学研が運営しているロボットプログラミング教室です。

 

アーテック自体も、エジソンアカデミーというロボット教室を運営しているんですが、もののしくみ研究室はちょっと内容が変わっていて特徴的なんです。

 

そんな、もののしくみ研究室について、カリキュラム・費用、そして口コミまで、徹底的に調べ上げて、この記事にまとめました。

 

この記事を活用して、もののしくみ研究室がお子さんを伸ばせるロボット教室かどうか、チェックしてみてくださいね。

もののしくみ研究室のロボット教室無料体験

もののしくみ研究室では、体験会という形で実際の授業を受けることができます。

 

0:53秒から、実際の授業の様子が映ってます。

 

モノを運んだり、紙飛行機を発射したり、子どもたちの目が興味と感心でキラキラしてますよね。

 

そんな、もののしくみ研究室の体験会に参加するには、注意点が2つあります。

 

一つは、体験会が有料の教室もある、ということ。
体験会が無料かどうかは、教室によって対応が違うので、事前に問合せが必要です。

 

もう一つは、体験会には期間があること
全員一斉にカリキュラムを開始するので、体験会の開催は随時ではなく、期間を決めている教室がほとんどです。

 

問合せといっても方法は簡単。「もののしくみ研究室」の問い合わせフォームから連絡するだけです。
名前、住所、メールアドレス、そして「体験教室に参加したい」とメッセージに添えて送信すれば、担当者から連絡が届くシステムになっています。

 

ステップ1 サイトにアクセスして「お問い合わせ」をクリック
ステップ2 申込みフォームに必要事項を入力して送信

 

連絡が来た時に、体験会の時期、無料か有料かを確認してくださいね。

 

「もののしくみ研究室」の問い合わせフォームのアドレスを貼っておきますね。
体験教室の申し込みページへ

 

 

もののしくみ研究室のロボットコースやカリキュラム

もののしくみ研究室にはこんな3つのカリキュラムが用意されています。

 

  1. デベロッパーコース(1年間)
  2. マスターコース(1年間)
  3. イノベーターコース(1年間)

 

各コースはそれぞれ1年間のカリキュラム。最大3年で33テーマに取り組みます。最終的には「課題解決」や「商品開発」を目標に学んでいくカリキュラムになっています。
では、この3つのコースでは、どんなカリキュラムなのか?具体的に見ていきましょう。

 

【デベロッパーコース】

ロボットを通じて、モノが動く仕組みや構造、プログラミングの基礎を学べるコース。
単に指示どおりのモノを作るのではなく、製品を開発したり、作ったロボットで競い合ったりして、創造力や工夫するチカラを伸ばすカリキュラムになっています。

 

【マスターコース】

デベロッパーコースよりも、さらに専門的な技術にステップアップしたコース。
センサーやモーターをコントロールするプログラム作りや、条件に応じて動きが変わる自律型ロボットづくりに取り組みます。

 

【イノベーターコース】

マスターコースで学んだノウハウやスキルを応用発展させていく最上位のコース。
工業用アームロボットのような実用的なロボット作りのほか、二足歩行ロボットにも取り組みます。

 

もののしくみ研究室は、その名の通り「モノの仕組み」を知って、学習意欲やスキルを高めていくというコンセプトのカリキュラムになっています。
もののしくみ研究室ロボット教室を解説!体験談や月謝、評判など全て調査!
実際に、踏切や信号など、身近なモノを題材にしたロボット作りによって、周りのモノに対する関心を高める教育が特徴です。

 

もののしくみ研究室の月謝とロボットにかかる費用

もののしくみ研究室に通うには、初期費用と月謝が掛かります。まずは入会時に必要な初期費用を見てみましょう。

 

【もののしくみ研究室の初期費用】入会時だけに支払う費用

入会金

5,400円

ロボット代

27,000円

合計

32,400円

※全て税込みです

初期費用は、入会金と初年度教材費(ロボット費用)を合わせ32,400円。

 

ロボット教室の入会金の相場は約1万円。
そしてロボット教材費の相場価格帯が3万円〜7万円なので、もののしくみ研究室は経済的なロボット教室と言えますね。

 

次に、月謝を見てみましょう。

 

【もののしくみ研究室の月謝】毎月支払う費用

月謝(授業数90分×2回/月)

8,640円

テキスト代

0円

施設設備費

0円

合計

8,640円

※全て税込みです

月々に必要な費用は、月謝だけ。テキスト代も年間の教材費に含まれているので、月々に支払う必要はありません。

 

ロボット教室の月謝の相場は1万5千円(90分×2回)ほどなので、月謝も経済的。
もののしくみ研究室は、初期費用、月謝ともに他のロボット教室よりも安く見えますが、月2回なので1回あたりの授業料は4,320円です。
また、地域によっては、通学に電車やバス、自家用車での送迎が必要な場合があります。
体験会などを活用して交通費や通学にかかる時間も確認しておくと、その他のロボット教室との比較材料になりますね。

 

 

もののしくみ研究室ロボット教室の口コミと評判

 

もののしくみ研究室は、単にロボットやプログラミングを学ぶだけでなく、学習意欲そのものを高めていけるカリキュラムでした。
学ぶ楽しさを知って、自ら積極的に学習する習慣を身に付けさせたい方にとって、選択肢のひとつになるロボット教室と言えますね。

 

もののしくみ研究室のまとめ

ロボット教室名 もののしくみ研究室
評価 ★★★★☆
初期費用

32,400円(税込)

月謝

8,640円(税込)

授業回数 月2回(1授業90分)
使うロボット アーテックが開発したロボット
プログラム言語 Scratch(スクラッチ)
対象年齢 小学校3年〜中学1年生(カリキュラムは最長3年)
教室数 全国に620教室
公式サイト http://robot.gakken.jp/

page top