kicksを解説!体験談や月謝、評判など全て調査!

kicksを解説!体験談や月謝、評判など全て調査!

kicksロボット教室

 

Kicksは九州をはじめ、広島や沖縄に14教室あるロボットプログラミング教室です。

 

全国的には知名度が低いかもしれませんが、高校入試合格システムのジャストミートなど、教育図書の出版で知られる中央出版がロボット教室大手クレファスと提携して運営する、しっかりとした母体のロボットプログラミング教室なんですよ。

 

今回ご紹介するのは、そんなkicksの、カリキュラム、授業料、そして口コミまで、どんな特徴のロボット教室なのかを調査してまとめた情報。

 

この記事を活用して、Kicksが、あなたの教育方針やお子さんに合ったロボット教室かどうか、チェックしてみてくださいね。

kicksのロボット教室無料体験

kicksでは、全ての教室でいつでも無料で、体験授業を受けることができます。

 

無料の体験授業では、先生の紹介が終わるとすぐに、レゴブロックを使って科学コマを作って、実際のパソコンを使いながら、ギアの仕組みや目の錯覚を利用する科学実験も学べます。

 

ちょっと、実際の授業の様子を少し見てみましょう。

どうして上手くいかないか?を自分で考えるように進めてくれる授業の様子がよくわかりますよね。
参加した子どもや保護者から評判の良いkicksの体験授業なんですが、対象になる年齢は4歳〜8歳まで。9歳以上の場合は提携するクレファスへの入会が可能です。

 

個別指導kicksの無料体験授業の申込み方法は、3ステップで完了。

 

ステップ1 kicksの授業体験 申し込みフォームのページへアクセス
ステップ2 希望する教室や日程、氏名、メール、電話番号などを入力
ステップ3 確認画面・完了画面へ進み、送信ボタンで申込み完了

 

また、メールアドレスを持っていない人は、フリーダイヤルで申込みが可能です。

 

kicksの無料授業体験 申し込みページのアドレスを貼っておきますね。
体験教室の申し込みページへ

 

kicksのロボットコースやカリキュラム

Kicksの1回の授業時間は50分で、年40回の授業があります。
本格的な授業は4月スタートなんですが、途中から入会しても授業をきめ細かくフォローしてくれるので、授業についていけないという心配もありません。

 

そんなKicksのロボットプログラミングにはこんな3つのコースがあります。

 

  1. ベーシックコース(対象:4歳〜5歳)
  2. スタンダードコース(対象:5歳〜6歳)
  3. アドバンスコース(対象7際〜8歳)

 

各コースの定員は6名。年齢に応じて、科学の知識、創造力、論理的思考、コミュニケーション(プレゼンスキル)を、レゴのエデュケーションWeDoというロボットキットを使って学びます。

 

Kicks最上位のアドバンスコースを修了後は、希望すれば提携するクレファスに進級することができるシステムになっています。

 

kicksののカリキュラムに共通する大きな特長は3つ

  1. 量の体験と算数
  2. ビルディングスキル
  3. 知のプロセス

 

それぞれ、あまりピンと来ないですよね? 少し具体的に説明しますね。

 

kicksの特徴1:【量の体験と算数】

ものづくりをするうえで大切なのが、予測・実績・分析。
でも、その前に計測と記録を正確に行えないと、予測や分析を間違ってしまいますよね?

 

そこでkicksでは、二次元だけでなく、三次元の図形の計測や記録から予測や分析の基礎、そして空間認識能力を高めて図形に対する考え方を詳しく教えてくれるんです。

 

 

kicksの特徴2:【ビルディングスキル】

Kicksでは、お手本通りに作るスキルを重要視しています。なぜなら、意図した通りに作れないと、間違った時に修正するポイントがわからないですよね?そのスキルを身に付けた後、改良したり、より複雑な仕組みに挑戦したりします。

 

こうして段階的に、スキルを身に付けていくことで、論理的な思考を自然にムリなく身に付けていくことができるんです。

 

kicksの特徴3:【知のプロセス】

身近にあるモノを科学的に分析する学習もkicksの特長。たとえば楽器なら、最初に音が出る仕組みを実験し、その仕組みを理解した後、実際に作ってみます。

 

そして、授業時間内で問題点を整理して、問題を解決する方法を考えてみる――すると、判断力がついて論理的思考力が育つというわけです。

 

こうした3つがkicksの特長ですが、カリキュラムは理数系の色が濃く、将来的に理数系の大学や仕事を目指したい子どもに向いているロボットプログラミング教室だといえます。

 

 

kicksの月謝とロボットにかかる費用

では、kicksに通うのに必要な費用を見てみましょう。

 

【kicks】入会金や月謝の支払う費用

ベーシックコース

スタンダードコース
アドバンスコース

対象年齢

4歳〜5歳

5歳〜8歳
入会金 0円 16,200円
キット代 8,640円(初回のみ) 25,920円(初回のみ)
月謝 9,720円/月 9,720円/月
システム教材費 1,080円/月 1,080円/月
維持費 1,080円/年 1,080円/年

初月費用合計

20,520円 54,000円

2ヶ月目以降の月謝

10,800円/月 10,800円/月

※全て税込みです

 

Kicksの費用は、「ベーシックコース」と「スタンダード・アドバンスコース」で異なります。

 

違いがあるのは、入会金とキット代。ベーシックコースの入会金は無料ですが、「スタンダード・アドバンスコース」は16,200円で、ロボット教室の相場(約1万円)よりも高めの設定です。
キット代も差があります。でも、他のロボット教室では3万円〜7万円というキット代が必要な場合がほとんどなので、「スタンダード・アドバンスコース」の25,920円は割安です。

 

ただし、キット代は分割払いできないので、入会する初月に一括で支払が必要になります。
kicksの初月費用はどうしても高くなってしまいますので、注意してくださいね。

 

kicksロボット教室の口コミと評判

kicksは、広島・九州・沖縄と地域が限定されたロボットプログラミング教室ということもあり、SNSをはじめ口コミが見当たりませんでした。

 

kicksのオフィシャルサイトに掲載されている口コミでは…

保護者より

いつもは私がいないと何もできないのに、ひとりでレゴRブロックを作り上げていて心の底から「すごいね!」と褒めてあげました。先生の説明も分かり易くてとても良い経験が出来たと思います。
引用サイト:わくわく体験会ページ

お子様より

レゴRブロックはとても楽しかったです。レゴRブロックがパソコンで動いてうれしかったです。またいろいろ作ってみたいです。
引用サイト:わくわく体験会ページ

 

kicksのオフィシャルサイトなので、否定的な意見を掲載しませんが、体験会に参加して好意的な印象を持たれている保護者とお子様の声が紹介されています。
kicksは特に理数系色が強いカリキュラムなので、将来的に工学や理系を目指す人の最初のステップに向いているロボットプログラミング教室ですね。

 

kicksのまとめ

ロボット教室名 kicks
評価 ★★★☆☆
初期費用

0円〜16,200円

月謝

9,720円(税込)

授業回数 年40回(1授業50分)
使うロボット レゴRエデュケーションWeDo

教育版レゴRマインドストームREV3

プログラム言語 レゴRエデュケーションWeDo

教育版レゴRマインドストームREV3

対象年齢 4歳〜8歳
教室数 広島・九州・沖縄に14校
公式サイト https://www.kicks-keirinkan.com/index.html

page top