ロボット教室を辞めた人の体験や理由は何?途中退会したらどうなる?

ロボット教室を辞めた人の6つ理由や体験談!途中退会したらどうなる?

ロボット教室を辞めた人の体験や理由は何?途中退会したらどうなる?
ロボット教室に通わせようと思ったとき、辞めた人の理由が気になりませんか?

 

「うちの子にも他の子が辞めた理由があてはまるかも…」とか、「通わせてもムダになるかも…」とか、不安があると通わせにくいですよね。

 

わかります。実は、私も息子をロボット教室に通わせる前に同じ気持ちでした。

 

そこで、モヤモヤを抱えるあなたへ、この記事では「ロボット教室を辞めた理由」と「ロボット教室を辞めた場合の注意点」をお伝えします。

 

実際に辞めた人の体験からその理由と注意点を知っておけば、スッキリ安心してロボット教室通いを検討できます。ぜひ参考にしてみてください。

ロボット教室を辞めた理由

インターネット上の投稿、そして私の息子が通うロボット教室のお友達を分析してみると、ロボット教室を辞めた理由はこの6つに分類できます。

 

【辞めた理由1:月謝が家計を圧迫してきたから】

ロボット教室を辞めた人の体験や理由は何?途中退会したらどうなる?
まずロボット教室を辞めた理由で多いのは「経済的な理由」です。ロボット教室の月謝は平均で1万円ほど(月2回授業)。中には16,000円ほど掛かるロボット教室もあります。

 

学習塾や他の習い事に比べると、やや割高感はありますよね。通わせた当初は大丈夫!だと思っていても事情が変わることもあります。

 

子どもは通いたいのに、経済的な事情で辞めさせるのは、親にとっても辛いことではないでしょうか。定期的な家計の見直し、節約、貯蓄を心掛けておきたいものです。

 

【辞めた理由2:先生との相性が良くなかったから】

ロボット教室を辞めた人の体験や理由は何?途中退会したらどうなる?
ロボット教室に限らず、習い事によくある辞めた理由かもしれません。ただし、ロボット教室は少し注意が必要です。

 

というのも、大手ロボット教室の多くはフランチャイズ展開。つまり、本部の会社が直接運営するのではなく、ロイヤリティを払って加盟したオーナーが教室を運営をしています。

 

カリキュラムや教材は同じですが、講師の教育や資質はオーナーの考えが大きく影響します。

 

そのため、情熱を持って指導する講師もいれば、そうでない場合もあって、ロボット教室ごとに講師や指導にバラつきがあるのも事実です。

 

インターネットの投稿を見ると、ロボットを作るだけの単なる作業で終わる教室も少なからずあります。

 

対策は体験教室。先生と話をして、納得のいく説明があるか?熱意をもって話しているか?など注意深く観察することが大切です。

 

別のいくつかの体験教室に参加して、比較してみるのも確実な方法です。

 

 

【辞めた理由3:必要性を感じなくなったから】

ロボット教室を辞めた人の体験や理由は何?途中退会したらどうなる?
通わせてしばらくすると、「メリットがない」と思う保護者もたくさんいます。たしかに、ロボット教室は塾とは違って成果が見えにくい習い事です。

 

通わせてすぐ、創造力が高まった!問題解決する力がついた!ということはほとんどありません。創造性、問題解決力、論理的思考というのは、時間をかけて育むものですよね。

 

2020年からプログラミング教育が始まるように、今後の社会や教育のトレンドは間違いなくプログラミングです。

 

今後、ロボット教室から得られるものは成果として現れてくるはずなので、私たち保護者は、ロボット教室の目的や特性をしっかりと理解して長い目で見ていく必要がありそうです。

 

【辞めた理由4:子どもが飽きてしまったから】

ロボット教室を辞めた人の体験や理由は何?途中退会したらどうなる?
大手ロボット教室では、テーマを変えて毎月1つのロボットを製作します。でも、ロボットキットは同じものを使うんです。キットはブロックと同じで、組み立てたりバラシたりできます。

 

再利用できるので経済的には助かりますが、同じキットだと飽きる子どももいます。

 

飽きたから辞めたい!となるのを防ぐ対策は、お子さんの性格を見極めも大切ですが、飽きたら仕方ないか…と良い意味で開き直ったほうが保護者も子どもも気楽に通えます。

 

親が悲しむから、辞めたくても言えない子どもがいて、ロボット教室がストレスになるケースもあります。

 

飽きっぽい性格だと思っても、ロボット教室では集中した楽しむ子どもはたくさんいるので、保護者は可能性を見つけてあげる!というくらいの気持ちで考えておくといいかもしれません。

 

【辞めた理由5:塾に通い始めたから】

ロボット教室を辞めた人の体験や理由は何?途中退会したらどうなる?
小学高学年になると塾通いや中学受験の準備のために辞める人が増えます。塾に通うと月謝も必要ですし、時間に都合がつかなくなる場合もあります。

 

逆に、中学受験があるけれどロボット教室を辞めないお子さんもいます。というのも、ロボット教室が息抜きになっているのだそうです。

 

中学受験や塾通いを計画されているご家庭は、経済的な側面も大切ですが、お子さんの精神的な側面を見て継続か辞めるかを考えてみるのもいいですね。

 

【辞めた理由6:引っ越したから】

ロボット教室を辞めた人の体験や理由は何?途中退会したらどうなる?
私の息子が通うヒューマンアカデミーのロボット教室では、転勤族のご家庭が多く、引っ越しするので辞めるという方がいます。何時間も掛けてロボット教室には通えないですよね。

 

でも、ヒューマンアカデミーをはじめ大手ロボット教室は全国展開しているので、引っ越し先でも通わせる方も多く見えます。

 

ロボット教室の全国大会で友達に再開、というのも素敵な目標かもしれませんね。

 

 

ロボット教室を辞めた体験談

ツイッター上のロボット教室を辞めた人の体験談を見てみましょう。最初の方は、塾通いが始まったのでロボット教室を辞めたお母さんからの投稿です。

 


「習い事は塾だけにしたい!」と息子さんからお母さんに相談されました。
息子さんの初めての主張を成長の一つと受け止める優しいお母さんの気持ちが伝わってきますよね。そんな成長もロボット教室の成果なのかもしれません。

 

次の方は受験準備のためにロボット教室を辞めたお母さんからの投稿です。

 


こちらのお母さんも、ロボットの世界に魅力を感じながらも、息子さんがロボット教室を辞めたことを後悔している雰囲気はありません。

 

ツイッターに投稿されている意見が全てではありません。でも、辞めたことよりお子様のロボット教室での経験を肯定的に捉えて大切にされていることがわかります。

 

ロボット教室を途中退会したらどうなる?

ロボット教室を途中で辞めた場合の気になる点、注意点をQ&Aでまとめてみました。

 

Q:辞めたとき、退会費用は必要?

A:退会費用は必要ありません。

 

例えば、ヒューマンアカデミーでは1年6カ月通うコースがあります。でも、支払は毎月の月謝なので、1年6カ月通わなくても辞めたときに退会費用は発生しません。

 

ただし、他のロボット教室では月謝を前払いするコースもあります。先払いした月謝を返金できるかどうかはロボット教室ごとに規約が異なります。入会時または退会が決まったときに確認を取ってください。

 

 

Q:辞める時の注意点は?

A:ロボット教室が指定する期日までに退会申請することです

 

退会する場合は、ロボット教室が決めている期日までに退会申請をしてください。期日を超えると翌月の月謝の支払いが必要となります。

 

 

Q:辞めたとき、ロボットは返すべき?

A:ロボットキットやテキストは返す必要はありません

 

ロボットは返す必要はありません。入会時にロボット教材費を支払ってますよね。

 

それに、再びロボット教室に通う場合は、同じロボットキットが使えます。その時に足りないパーツを購入するだけでよいので安心です(ヒューマンアカデミーの場合)。

 

中には、ロボットやテキストをメルカリなどに出品する方も見えますが、同じ系列のロボット教室に通う予定、再び通う可能性がある場合、辞めた後もご自宅においておくといいかもしれません。

 

 

Q:辞めるかどうか迷っているのですが?

A:そんなときは、休会制度があります

 

(ヒューマンアカデミーの場合)休会制度も用意されています。来月は休んで再来月から通うことも可能です。もちろん、休んでいる月の月謝は掛かりません。

 

教室に再び通い始めたときは周りの友達と同じロボットを作るので、一人だけ違うカリキュラムということもありません。

 

コースは1年6カ月(18回)ですが、習熟度によって18回通わなくても友だちと同じように上級コースに上がることもできます。

 

辞めるかどうか迷ったときは休会制度を利用するのも一つの方法です。

 

 

ロボット教室を辞めた理由のまとめ

ロボット教室を辞めた人の体験や理由は何?途中退会したらどうなる?
ロボット教室を辞めた理由と途中退会時の注意点をお伝えしましたが、やむを得ない事情を除いて、親はゆったりと構えてあげることが大切です。

 

「お金を払ったのに途中で辞めるともったいない」なんて考えていると、子どもが「親が悲しむかも…」と考えてストレスになる場合もあります。

 

でも、「あなたの好きなことをやりなさい」という気持ちでいれば、「それなら続けてみよう」という気持ちにもなって、ロボット教室の成果もぐっと上がるはずです。

 

まずは、体験教室を利用して、お子様が成長できるロボット教室探しを親子で楽しんでみてください。

page top